マスタードシード株式会社ニュースニュースリリース2016年10月14日

マスタードシード株式会社、ASRock Inc.製マザーボード4モデルを発売

新しいSoCのApollo Lakeを搭載するマザーボード、Mini-STX規格マザーボードなど

コンピュータ周辺機器装置の代理店・卸売会社のマスタードシード株式会社(代表取締役社長:宮田 鴻志、本社:東京都品川区)は、正規代理店を務めます台湾のマザーボードメーカー、ASRock Inc.(本社:台湾台北市、以下ASRock社)のマザーボード4モデルを、2016年10月21日(金)より、全国のPCパーツ販売店で順次販売開始します。ラインアップおよび価格は下表をご覧下さい。

製品型番SoCまたは
ソケット
チップセットフォームファクター店頭想定価格
(税抜)
発売時期JANコード
J4205-ITXPentium J4205 SoC内蔵Mini-ITX14,480円前後 2016年10月21日(金)4997401165093
J3455-ITXCeleron J345510,980円前後4997401165109
H110M-DVS R3 LGA1151インテルH110Micro ATX5,980円前後4997401165079
H110M-STXMini-STX9,980円前後近日発売4997401165086

J4205-ITXおよびJ3455-ITXは、最新のコードネームApollo Lake世代のSoC(システム・オン・チップ)を搭載する、Mini-ITX規格マザーボードです。
J4205-ITXはインテルPentiumプロセッサーJ4205J3455-ITXはインテルCeleronプロセッサーJ3455をそれぞれ搭載しています。
これら2モデルは、サウンド回路以外には導電性高分子コンデンサを使用、またFULL SPIKE PROTECTIONによる電力サージからの保護機能、湿度に強い高密度ガラス繊維PCBを採用することで、安定性や耐久性に優れた設計となっております。特製の大型パッシブヒートシンクを搭載しており、ファンレス運用が可能となっています。
低電圧(1.35V)のDDR3Lメモリモジュールのみだけでなく、標準的な電圧(1.5V)のDDR3 SO-DIMMを利用することができ、多くのメモリモジュールとの互換性を確保しています。また、最大16GBのメインメモリ搭載にも対応しています。
CPUのグラフィック機能に対応する映像出力にはDVI-D、HDMI、D-Sub出力の3系統を搭載しており、3画面同時出力が可能です。また、HDMI出力は4K解像度出力(4096×2160@60Hz)に対応します。
拡張スロットにはPCIe 2.0 x1スロットのほか、WiFiモジュールなどに対応するM.2ソケット(Key E、Type2230)を搭載します。
SATAポートは、追加コントローラーを搭載することで、合計4ポートのSATA 6Gbpsポートが利用できます。
サウンド回路には低ノイズに定評のあるELNA製オーディオコンデンサを使用しています。
その他ギガビットLANを搭載します。

H110M-DVS R3は、LGA1151に対応するMicro ATX規格マザーボードです。
サウンド回路以外に導電性高分子コンデンサを使用、またFULL SPIKE PROTECTIONによる電力サージからの保護機能、湿度に強い高密度ガラス繊維PCBを採用するなど、低価格なモデルにもかかわらず安定性や耐久性に優れた設計です。
オンボードの機能としては、グラフィック出力にDVI-D、D-Subの2系統ELNA製オーディオコンデンサを使用したHDオーディオ、ギガビットLANを搭載します。
拡張スロットは、PCIe 3.0 x16スロットを1つPCIe 2.0 x1スロットを1つ搭載しています。
SATA 6Gbpsポートは4ポート、USB3.0ポートは4ポート(リア2/フロント2)です。

H110M-STXは、TDP 65WまでのLGA1151プロセッサーに対応するMini-STX規格マザーボードです。
およそ5×5(インチ)のサイズで、Mini-ITX(6.7×6.7)よりもコンパクトです。NUCよりは大きくなりますが、LGA1151 CPUが搭載できるため、NUCよりもハイスペックな演算性能、描画性能を搭載できるほか、アップグレードができるという利点があります。
メモリにはDDR4 SO-DIMMを使用します。
2つのM.2ソケットを搭載しており、一つはWiFiモジュールなどのためのKey E Type2230ソケットで、もう一つはPCIe Gen3 x4接続に対応するType2280ソケットです。このソケットはCPUと直結しており、一般的なPCIe Gen3 x4接続スロットと比べて、7%高いパフォーマンスを誇ります。
USB3.0 Type-Cポートを搭載するほか、インテルギガビットLAN2つのSATA 6Gbpsヘッダを搭載します。映像出力は、3系統(D-Sub、HDMI、DisplayPort)搭載しており、うち2系統を同時に利用するデュアルモニターに対応します。
電源は19V ACアダプターが必要となります。(別売り)TDP 65Wのプロセッサーを搭載する場合は120Wの、TDP51Wまでのプロセッサーを搭載する場合は90WのACアダプターが対応します。
SilverStone製VT01S、Akasa製A-STX04-A1B/A-STX04-M1Bが対応するMini-STXケースとなります。

各モデルの特徴

J4205-ITX

J4205-ITXイメージ J4205-ITX I/Oポートイメージ

J3455-ITX

J3455-ITXイメージ J3455-ITX I/Oポートイメージ

H110M-DVS R3

H110M-DVS R3イメージ H110M-DVS R3 I/Oポートイメージ

H110M-STX

H110M-STXイメージ H110M-STX リアI/Oポートイメージ H110M-STX フロントI/Oポートイメージ

ASRock社につきまして

ASRock logo

ASRock Inc.(2002年設立)は、ペガトロンテクノロジーグループの一つとして主にマザーボードの研究開発・設計および販売を行っています。

「革新的な設計、使いやすい製品、やさしい価格」をモットーに、マザーボード産業に長年携わってきた精鋭チームが、コストパフォーマンスに優れた個性的なマザーボードを数多くリリースし、好評を得ています。

URL:http://www.asrock.com/

マスタードシードにつきまして

マスタードシード株式会社(1992年設立)は、コンピュータ周辺機器装置の代理店・卸売会社です。

主に米国・台湾などの有力企業との強力なパートナーシップを生かし、日本のマーケットにあった製品を日本国内に提供しており、現在、ASRock、Cyonic、G.Skill、Manli、Shuttle、SilverStone、UMAXなどPC-DIY(自作PC)関連商品の正規代理店業務を主に行っております。

URL: http://www.mustardseed.co.jp/

メディアの皆様へ

お問い合わせは以下へお願い申し上げます。

マスタードシード株式会社 マーケティング部

電話:03-3768-1466

FAX:03-3768-1477

E-mail:press@mustardseed.co.jp

※こちらに記載の内容は発表日時点のものです。ご覧になった時点で販売が終了している場合や、仕様、価格が変更となっている場合がございます。あらかじめご了承ください。