マスタードシード株式会社ニュースニュースリリース2016年1月22日

ASRock、インテルXeon E3-1200 v5シリーズに対応するマザーボードなど2モデルを発売

サーバー向けチップセット搭載ATXモデル、廉価なB150搭載Micro ATXモデル

コンピュータ周辺機器装置の代理店・卸売会社のマスタードシード株式会社(代表取締役社長:宮田 鴻志、本社:東京都品川区)は、正規代理店を務めます台湾のマザーボードメーカー、ASRock Inc.(本社:台湾台北市、以下ASRock社)のインテルチップセットを搭載するマザーボード「E3V5 WS」および「B150M-HDV」を、2016年1月29日(金)より全国のPCパーツ販売店で順次販売開始します。

価格は下表をご覧下さい。

製品型番フォームファクターチップセット店頭想定価格
(税抜)
発売時期JANコード
E3V5 WS ATX インテルC232 18,500円前後 2016年1月29日(金) 4997401161293
B150M-HDV Micro ATX インテルB150 9,200円前後 4997401161408
E3V5 WS  B150M-HDV

(左)E3V5 WS (右)B150M-HDV

E3V5 WS製品情報

B150M-HDV製品情報

製品画像ダウンロード(JPEG画像、ZIP圧縮、36.9MB)

E3V5 WS

マザーボードイメージ I/Oパネルイメージ

E3V5 WSは、サーバー向けチップセット、インテルC232チップセットを搭載するATX規格マザーボードで、Skylakeマイクロアーキテクチャーを採用したXeon E3-1200 v5シリーズに対応する、ワークステーション向けマザーボードとなります。ソケットはLGA1151で、第6世代インテルCoreプロセッサー・ファミリーも搭載が可能です。

ASRock社では、Xeon E3-1200 v5シリーズがCore i7プロセッサーと似通ったスペックでありながらコストパフォーマンスに優れているモデルがあることに注目していました*が、残念ながら、100シリーズチップセットではXeonをサポートしていないため、サーバー向けチップセットを搭載した、お求めやすいマザーボードを開発いたしました。

*インテルARK記載の希望カスタマー価格によれば、例えばXeon E3-1230V5(4C8T、3.4GHz)はボックス価格$261.00に対して、Core i7-6700(4C8T、3.4GHz)はボックス価格$312.00となっております。

http://ark.intel.com/ja/compare/88182,88196

3Dアニメーション、ビデオ・画像編集、工業デザインなどで、ローコストでCPUのマルチスレッド性能を必要とするコンテンツ制作者にとって最適なマザーボードとなります。

このマザーボードは、ASRock社のスーパーアロイ技術(Super Alloy Technology)に基づいた設計により、安定性と信頼性に優れています。

メモリには、Xeon E-1200 v5シリーズ、Core i3、Pentium、Celeron搭載時にDDR4 ECC DIMMも利用することができます

オンボード機能として、サーバーグレードのインテルギガビットLAN(I219LM)、ELNA製オーディオコンデンサーを採用した、低ノイズの7.1ch HDオーディオを搭載しています。

ストレージ周りは、SATA 6Gbpsポートを6ポート搭載するほか、PCIe x16スロットに接続したNVMe SSDからのブートにも対応しています。

このマザーボードはC232チップセットの仕様により、CPUに搭載されているグラフィック機能が使えないため、映像出力端子はありません。しかし、PCIe 3.0 x16スロットを2つ搭載しており、2-Way CrossFireをサポートしています。NVIDIA QuadroやAMD FireProなどのワークステーショングラフィックカードにも完全互換があります。

OSには、Windows Server 2012 R2などのサーバーOSをサポートするほか、Windows 10、Windows 8.1、Windows 7が利用できます。

USBポートは、USB3.0を6ポート(リア4/フロント2)、USB2.0は6ポート(リア2/フロント4)搭載します。

E3V5 WSの主な特徴

スーパーアロイ技術
・プレミアム50Aパワーチョーク
・高密度ガラス繊維PCB
5電源フェーズ
Xeon E3-1200 v5シリーズ、第6世代Coreプロセッサーファミリーに対応
メモリはDDR4 2133 ECC DIMMにも対応
SATA 6Gbps×6
2つのPCIe 3.0 x16スロットを搭載
2-Way CrossFireに対応
サーバーグレードのインテルギガビットLANを搭載
USB3.0×6(R4/F2)、USB2.0×6(R2/F4)
ELNAオーディオコンデンサー採用の7.1ch HDオーディオ

B150M-HDV

マザーボードイメージ I/Oパネルイメージ

B150M-HDVは、インテルB150チップセットを搭載するMicro ATX規格マザーボードで、DDR4メモリに対応します。

スーパーアロイ技術とサウンド回路以外の部分に固体コンデンサーを採用する回路設計により、高い信頼性と安定性を実現しています。

D-Sub、DVI-D、HDMIの3系統の映像出力を搭載しており、トリプルモニター出力に対応しています。HDMI出力は、4K解像度出力にも対応しています。

ギガビットLANELNA製オーディオコンデンサーを採用した7.1chサウンドを搭載するなど、コストパフォーマンスに優れたモデルです。

拡張スロットはPCIe 3.0 x16スロットを1基PCIe 3.0 x1スロットを2基搭載します。

ストレージ周りは、SATA 6Gbpsポートを6ポート搭載するほか、PCIe x16スロットに接続したNVMe SSDからのブートにも対応しています。

USBポートは、USB3.0を6ポート(リア4/フロント2)、USB2.0は6ポート(リア2/フロント4)搭載します。

スーパーアロイ技術
高密度ガラス繊維PCB
メモリはDDR4 2133 DIMMに対応
SATA 6Gbps×6
1つのPCIe 3.0 x16スロットを搭載
D-Sub、DVI-D、HDMI搭載、トリプルモニターサポート、HDMIは4K解像度出力対応
ギガビットLANを搭載
USB3.0×6(R4/F2)、USB2.0×6(R2/F4)
ELNAオーディオコンデンサー採用の7.1ch HDオーディオ

ASRock社につきまして

ASRock logo

ASRock Inc.(2002年設立)は、ペガトロンテクノロジーグループの一つとして主にマザーボードの研究開発・設計および販売を行っています。

「革新的な設計、使いやすい製品、やさしい価格」をモットーに、マザーボード産業に長年携わってきた精鋭チームが、コストパフォーマンスに優れた個性的なマザーボードを数多くリリースし、好評を得ています。

URL:http://www.asrock.com/

マスタードシードにつきまして

マスタードシード株式会社(1992年設立)は、コンピュータ周辺機器装置の代理店・卸売会社です。

主に米国・台湾などの有力企業との強力なパートナーシップを生かし、日本のマーケットにあった製品を日本国内に提供しており、現在、 ADATA、ASRock、ASUSTOR、Cyonic、Shuttle、SilverStone、UMAX、VTX3DなどPC-DIY(自作PC)関連商品の正規代理店業務を主に行っております。

URL: http://www.mustardseed.co.jp/

メディアの皆様へ

お問い合わせは以下へお願い申し上げます。

マスタードシード株式会社 マーケティング部

電話:03-3768-1466

FAX:03-3768-1477

E-mail:press@mustardseed.co.jp

※こちらに記載の内容は発表日時点のものです。ご覧になった時点で販売が終了している場合や、仕様、価格が変更となっている場合がございます。あらかじめご了承ください。