マスタードシード株式会社ニュースニュースリリース2018年04月20日

G.SKILL、AMD Ryzen 2000シリーズプロセッサおよび

X470チップセットマザーボードに対応するメモリを発表

― DDR4-3200MHz ~ 最大DDR4-3600MHzのラインナップを追加 ―

コンピュータ周辺機器装置の代理店・卸売会社のマスタードシード株式会社(代表取締役社長:宮田 鴻志、本社:東京都品川区)が正規代理店を務めます世界最高性能のメモリとゲーム周辺機器のメーカーである「g.skill="" international="" co.="" ltd.,」(拠点:台湾、以下g.skill)は、amd="" ryzen™ 2000シリーズプロセッサーとX470プラットフォームに対応する新しいTrident Z RGBおよびSniper Xシリーズを発表しました。メモリの仕様は、DDR4-3200MHz CL16-18-18-38 16GB(2x8GB)~DDR4-3600MHz 18-22-22-42 16GB(2x8GB)のラインナップを揃え、国内での販売を順次開始いたします。


新しいAMDプラットフォームの活用

G.SKILLは、最新のIMCを搭載した第2世代のAMD Ryzen プロセッサーに超高速の高性能メモリキットを提供し、新しいX470システムでシステム全体のパフォーマンスを向上させることを目指しています。
Trident Z RGBシリーズ(型番の末尾がTZRXとなる製品)、Sniper Xシリーズで新しいAMD X470向けに特別に調整されたメモリラインナップを発表します。 新しい仕様ついては、下記リストを参照してください。

※F4-3400C16D-16GSXW (JAN:4997401171179)は国内発売済みとなります。

耐久テスト

下記のスクリーンショットは、AMD Ryzen 2700プロセッサを搭載したASUS ROG CROSSHAIR VII Heroマザーボードでテストを行い、AMDモデルのTrident Z RGBが DDR4-3600MHz C18-22-22-42 16GB(2x8GB)で動作することを示しています。

G.Skillにつきまして

G.SKILL logo

.Skillは、オーバークロック用メモリモジュールで有名な台湾メーカーです。1989年創業。高い選別技術によってメモリーを厳しく選別し、ユーザーのニーズに合わせた豊富なラインナップを提供しています。ASRock、ASUS、GIGABYTE、MSIなど主要マザーボードメーカーと提携して動作検証を行い、互換性の向上に努めています。

URL:http://www.gskill.com/


マスタードシード株式会社につきまして

マスタードシード株式会社(1992年設立)は、コンピュータ周辺機器装置の代理店・卸売会社です。

主に米国・台湾などの有力企業との強力なパートナーシップを生かし、日本のマーケットにあった製品を日本国内に提供しており、現在、ASRock、Cyonic、G.Skill、Manli、Shuttle、SilverStone、UMAXなどPC-DIY(自作PC)関連商品の正規代理店業務を主に行っております。

URL: http://www.mustardseed.co.jp/

メディアの皆様へ

お問い合わせは以下へお願い申し上げます。

マスタードシード株式会社 マーケティング部

電話:03-3768-1466

FAX:03-3768-1477

E-mail:press@mustardseed.co.jp

※こちらに記載の内容は発表日時点のものです。ご覧になった時点で販売が終了している場合や、仕様、価格が変更となっている場合がございます。あらかじめご了承ください。